スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない@コミック版書評(笑

2009.10.29.Thu.22:46
ということで『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のコミック版を書評してみます。(Twitterに載りたい)

俺のTwitter

まぁ書評の前に、現品観察というわけで。

091029_1801~0001

こんなものがラベルについてました、アニメイト限定っぽい?

コミックの裏↓


091029_1823~0002 091029_1823~0001

こんなかんじ。

通常版と比較してみたい( ゚ Д゚)

というわけでお待ちかね(?)の表紙。

091029_1806~0001

きっちりブックカバーしました(キリッ

さて、書評なわけですが、見たこと無い人は見ないほうがいいかもです;w;

でぁ ここからが書評

まず初めてコミック版を知ったのはラノベの裏の宣伝ページのようなとこでした。
そのときの作画があんまり好きな作画の雰囲気じゃなかったので、買わないでおこうかなとか思ってました。。
んで、実際に単行本で発売されると、表紙がかわゆいじゃないですかwっうぇwwww
んもう桐乃はぁはぁ
実際に妹いるけどこんな妹だったらマジでいいなーとか思います・x・

んで本編。
まず最初に思ったのは、文字だけじゃあ表現できない部分をきっちり表現してたところがグッときました・w・
例えば桐乃が京介にエロゲ諸々を自慢するシーン。
あのシーンは原作だと文字しかなかったので、いまいち雰囲気が掴めたようで掴めなかったので、マンガというメディアの良さを痛感できました。(主に桐乃かわいい的な意味で)
作画も安定していて、好みの作画でした><v(いけださんgj!)
桐乃の喜怒哀楽がきちんと表現されている作画を見てるとこっちも興奮します(うへへ)
あと、みんな大好き黒猫の作画も、文句なしでしたし、沙織とかナイスバディでしたね(ぁ
沙織が1コマだけ、素の目が出てるコマがあったところが嬉しかったですw(澄んでてきれいだった)
原作だと一回も目を見せてないので・・・w
沙織はお嬢様っていう説(というより俺はそう信じてるのでw)はこれで確信に至ったような感じですねー(ぁ
原作だと、桐乃の京介に対する感情の変化が微妙に分かりにくいところがあったんですが(あくまで自分の意見ですが)、コミック版だとすごく分かりやすいです、感情表現が豊かなので(ここもいけださんgj)。
いやぁ、こりゃもう桐乃は京介にべたぼryじゃねーかってくらいにね・・・。
1巻の終わらせ方もgjでした、いいとこで終わらせてくれるww
2巻が楽しみです、あと原作の1巻の終わらせ方の部分が2巻の終わらせ方と重なるとなおgjかとwww
あの桐乃は反則だった・・・、分かる人には分かるのさ。
最後に、コミック版を見るのはできるなら原作見てからの方がいいです、ってか俺としてはそうしてほしい・x・
原作と重ね合わせることで見えてくるものがきっとあります(何か表現しきれないものがある気がする)。

書評終わり。

あと、この書評が桐乃か黒猫に伝われば俺の本望だ・・・。
検索に引っかかってくれー・・・。

↓今後の発展を願って

サドンアタックランキング
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。